食べすぎても胴が出ないように

韓国の特別トレーナー、チョン・ダヨンさんのスポーツ動画において減量に成功しました。
使ったのは『フィギュアロビクス』という商品で、スポーツ動画4枚というダンベルがセットになっているものです。(自分はAmazonで購入しましたが、その他のページも扱っています。)
動画のスポーツは個々人①有酸素運動②立って行なう筋トレ③有酸素+筋トレ④マットで立ち向かう自重トレ、を困難に構成されていて、時間は各約35当たりだ。
ユーザーの注釈を見ると、契約を素早く表すために1日に動画2枚分のスポーツを行っている方も多いですが、自分は無理をするといった途切れると思ったので、一日に1枚ずつ半スポーツを行いました。そしたらウィークに日帰りは休んでも良いこととして気晴らしをしました。
そうして、減食はしませんでした。ドカ食いはしないようにしましたが、基本的には好きなものを食べて、おやつも食べて良いことにしました。
一日に半だけのスポーツで、ランチタイム本数も変えなかったので、急に体重が落ちることはありませんでしたが、3~4週ほどしたある日、輪郭がひと近辺細くなって要ることに気が付きました。スポーツにより適度に筋肉がついて、初歩交代が少しずつ上がってきたのだと思います。だんだん細くなった結果、自分では気付きませんでしたが、周りには「やせたよね」といわれました。そのままのペースでスポーツを続け、2カ月半経った頃には、ウエスト分け目は薄っぺらに細くなり、僅かぐらい食べすぎても胴が出ないようになりました。
チョン・ダヨンさんのスポーツはインナーマッスルを鍛え上げる調教なので、初歩交代本数を上げながらもガッチリ説にならず、母親らしき細さを保てるのが嬉しいです。
スポーツを打ち切るって筋肉本数が少なくなって元のラインに帰り始めてしまいますので、一年中に半、ウィークに4~5日を守ってこれからもじっくり続けようと思います。クラリスロマイシン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です