ムダ毛を育ててから処理する

冬季、見えないからってムダ毛を放置して生やしまくっておる第三者はいませんか?

ええ、それはボクだ。
ざっと2ヶ月以上は放置しております。
正直言うとひときわかも・・・

その結果、当然ですが毛むくじゃらだ。
も、ある程度生やしてから処置したほうができ上がりが綺麗だったり始めるんですよ。
いえ言い分けではなくてですね、ちゃんと。

夏場はやはり頻繁に処理するんですが、そうなると埋没ヘアーや毛孔の赤みなどの不自由が気になっていたんです。
よく肌が引っ張られているので、糧になるんだと思います。

そういった時は少しだけ我慢して、ムダ毛を育ててから処理するようにしています。
肌を引っ張るサイクルが落ちるせいか?
少ない毛を抜くによって長い毛を抜くほうが糧が少なくて済むからか?
理由はぐっすりわかりませんが、頻繁に処理していた場面によってスベスベのでき上がりになっていました。

なので、サボって掛かるわけではなく、めったに頻繁なムダ毛処置は表皮を痛めつけるのかな~と個人的には思っています。
最も夏場は、凄い日射し&常々塗る日焼け止めなどの糧も加わって、余計に表皮が荒れて仕舞うのかもしれませんね。

夏場が終わればムダ毛処置も一段落なのですが、今度は埋没ヘアーが気になってきます。
毛抜きで地道にカリカリ掘り起こして追い抜くんですが、肌をひっかくので当然のことながら不具合になってしまいます。
ムダ毛のワサワサよりも、埋没ヘアーを掘った後のかさぶたで触感がざらざら向かうのが今一番の懸念だ。

そうして冬場になると、春に対して育ち過ぎたムダ毛を処置しなければいけません。
これだけ育つといったどこからコツをつければいいのか戸惑うほどですが、抜け毛入れ物でまるごと殲滅させて決めるかと意気込んで掛かるところです。xn--rdk3b.asia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です